宅建 難易度

宅建の難易度!

ここでは、宅建の合格率から試験の難易度を検証していきます。 宅建の合格率は以下のようになります。

  2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年
受験者数 195,515 186,542 188,572 191,169 186,304 192,029
合格者 34,918 28,311 30,391 32,000 28,470 33,670
合格点 33点 36点 36点 33点 33点 32点
合格率 17.9% 15.2% 16.1% 16.7% 15.3% 17.5%

合格率をみてもわかるように5人に1人も受からない試験です。
過去6年の合格率の平均は、約16%台ですので、難易度は高い試験と言えるのではないでしょうか。

にもかかわらず、宅建は一般的に簡単な試験だと思われがちです。
よくインターネットでは、3ヶ月くらいの勉強であっさり合格できたという表現を みることがあります。 それについては疑問を感じますが、3ヶ月間毎日猛勉強すれば決して不可能な試験ではありません。
実際に勉強して合格した私の感想も、通信講座を利用して効率よく学習できれば、
合格率ほどの難易度はないと感じました。

ではなぜ、合格率がこれほどまでに低いのでしょうか?
その答えは、受験者数が多いことが一番の要因だと考えています。

受験者数は上記の表を見てもらえればわかりますが、 おおよそ20万人弱、受験の申込者は毎年20万人を超えています。
ということは人気があると言う事です。

人気が高くなれば、その分受験者も増え、受験者が増えれば当然その中には
試験対策をしっかりと行っていない方がいます。 というよりもそのような人達が多い試験です。

「とりあえず受験だけしてみようか」、「仕事が忙しく、勉強できなかった」 というように
本気で試験に取り組んでいる人が少ないと思います。
だから合格率が低いのです。
つまり受験者の全体のレベルがそれほど高くないとも言えます。

宅建の試験はきちんと勉強さえすれば合格できる試験です。
合格率は、あくまでも合格点に達した人の割合に過ぎないので、
低ければ、難易度が高い試験とは一概にいえません。

誤解のないように言っときますが、もちろん簡単な試験でない事は確かです。
ですが、学習時間を十分確保して、正しい勉強をすれば、宅建を攻略することは、
それほど不可能な事ではありません。

そのことを肝に銘じて下さい。


宅建通信講座

勉強法・仕事について

通信講座ランキング