宅建 独学

宅建の通信講座と独学の違い!

良い通信講座を選ぶためには、通信講座について知らなければいけません。
通信講座の本質を見抜けなければ、例え選ぶポイントを知ったとしても、
表面的なことしか理解できず、結局間違った選び方をしてしまう可能性があります。

そこで、このページでより深く通信講座を知ってもらうために独学と比較しながら、
説明していきます。
独学は、通信講座や通学講座に比べ、合格することが難しくなるので、 独学と比べれば
通信講座のメリットがイメージしやすくなると思います。

まず、通信講座と独学を比べ、一番差が出るのは、やはり教材です。
独学の場合、市販されている教材を購入しますが、合格するだけの内容になっていないことが 多いのです。
どちらかと言えば、資格学校や通信講座を利用してもうための宣伝が目的となっているので、 ポイントなる箇所だけ伝え、そこから先は、学校を利用するというような感じになっています。 それに比べ、通信講座は、試験に出題されそうなポイント絞り、最小限の勉強で 合格させるように作られています。

さらに教材に関して言えば、通信講座だとDVDやCD講義を付いてきて、
知識を短時間で理解できますが、独学だとテキストだけになり、 スムーズに理解していけません。

次は、受講者をしっかりとフォローしてくれると言う事です。
通信講座は、わからない問題があれば、質問する事ができるので、 効率的に学習していけます。また講師の方から励ましの言葉も貰えたりするので、 勉強するモチベーションも上がります。
しかし独学ですと全部自分で調べなくてはいけないので、 余計に時間がかかります。
それに講義を聞けない分わからないことも多くなるのです。

この2点が独学と通信講座の大きな違いです。
他にも細かな事を言えば、法改正に対応できないことやカリキュラムを自分で決めなくては いけない、最新の情報が手に入らないなどまだまだあります。

要するに独学と通信講座の違いは時間ということです。
お金を払って短期間で合格するか、お金を使わず時間を欠けるかの差です。

このサイトを見てくれている方は、通信講座を検討していると思いますが、
もし、独学で勉強する事を少しでも考えているなら、時間がかかると言う事を意識して望んで下さい。


宅建通信講座

勉強法・仕事について

通信講座ランキング