宅建 合格

宅建の基本は満点を目指さない!

これから宅建の試験を目指す皆さんの目的は、合格だと思います。
合格と言うのは、試験で35点以上取れれば良いと言うことです。
例え、35点だろうが40点だろうが合格は、合格です。
そのための試験対策を考えてください。

何が言いたいのかと言うとつまり、満点の50点を目指す必要はないということです。
もし、完璧に勉強して合格したいと言う考えを持っている人は今すぐ捨ててください。
というよりも満点を取る事は不可能です。 学校の講師でもおそらく満点は取れないと思います。

これは宅建に限らず、どの国家資格にも言えることですが、 試験問題の中には必ず解けない問題が2程度出題されます。
どのテキストにも問題集にも載っていないような意味不明の問題です。
それは、出題者が意図して作っているので、勉強のしようがありません。
ですから、8割の中でどれだけ点数が取れるかが勝負になるのです。

では、満点を目指さない勉強と言うのはどのようなものでしょうか?
答えは簡単です。出題範囲を絞って勉強すると言う事です。
そのために必要なのは過去問です。

宅建の試験は、過去問から類似問題が多く出題されるので、 過去問をしっかり勉強していけば合格できるレベルに達します。
過去問を使い、どの科目どの分野が頻繁に出題されているか、分析すればおのずと傾向が見えてきます。
そして、出題傾向が理解できてきたら徹底的にその分野を繰り返し勉強する事です。
これが、満点を目指さない勉強です。

ただし、基礎知識が身についていないはじめの段階でそうした勉強をするのは、
難しいですし、何処が捨て問題か見極めるのも非常に難しくなりました。
例えば、以前まで確実に点数の取れた不動産登記法は今ではかなり難しくなり 受験者を苦しめています。 かといって深追いしすぎては、膨大な勉強量になるので、
他の科目に手を付けなれなくなります。

本音を言えば、細かいところを素人に見極めるには、かなりの時間が必要です。
そうなってくると通信講座を使いプロの指導のもと勉強するしかなくなってきます。

しかしある程度のことは、過去問演習を繰り返す事で理解できてくるはずです。
どちらにせよ、満点を目指してあれもこれも勉強してしまえば土壺にはまりますので、
満点を目指さない学習は基本だと認識しといて下さい。


宅建通信講座

勉強法・仕事について

通信講座ランキング