宅建 仕事と年収

宅建の仕事と年収を分析!

宅建は、不動産、住宅メーカー、建設業に用いられる資格です。
これは誰でも知っていると思いますが、実は、保険業界などの金融関係からの引き合いもあり、就職、転職にはとても有利になります。
その上、資格手当てがもらえる強みもあります。
金額は、企業によってかわりますが、一般的には5千円~5万円が相場になっています。 だから毎年20万人以上の受験者がいる人気資格となっているのです。

現在は、皆さんもご存知のとおり世の中不況で、安定した職につくことが難しくなっています。
契約社員や派遣社員のようないわゆる非正規雇用が求人の中心になっています。
そんな中でも宅建は、現場での需要が常にあり、企業からとても重要視されている資格なので、 現在、良い条件の仕事に就けない、就職できないと悩んでいる人は、是非取得して欲しい 資格です。

しかし、高収入を稼ぐと言う意味では、そう簡単にいきません。
宅建は、基本的に何処かの企業に就職して、資格を活かすことになるので、
年収は、その業界の一般的な価格になると思います。

もちろん、資格手当てがもらえたり、企業によっては個人の業績によりインセンティブがもらえたりするので、顧客と直接契約を結べる宅建は、有利になる事は間違いありません。
ですが、それにも限界があります。
資格を取得しているからといって、直接高収入につながる事はないと思ってください。

しかし稼ぐ方法はあります。
それは、ダブルライセンスを取得して独立開業することです。
よくあるケースがファイナンシャルプランナーです。
ファイナンシャルプランナーと宅建は、 共通する部分が多くあり、それを仕事に活かすことが できれば高収入を得ることも可能です。

例えば、マンションを販売する際には必ず保険契約が必要となります。
宅建だけならマンション販売の手数料しか入りませんが、 ファインシャルプランナーは保険などの金融商品の知識を持ち合わせているので、 保険の手数料ももらう事ができます。

また、ただマンションを販売するのではなく、税金や保険、住宅ローンといった、
トータル的なアドバイスもできるので顧客からの信頼を得ることが出来ます。

最終的には、独立開業するにしても企業に就職するにしても 高収入を得られるかは本人の努力と実力次第になりますが、 宅建の資格を上手く利用する事で、可能性は多いにあります。


宅建通信講座

勉強法・仕事について

通信講座ランキング