宅建 ノート

宅建の受験で、ノートはどれくらい必要か

宅建での勉強は、テキストと基礎(過去)問題集が軸になります。あとは、講義メディアを多用することがもうひとつの軸と呼べるでしょうか。

ところで、宅建の「ノート」をつくることが必要なのか不要なのか、たまに議論の的になっていることがあります。合格者の中にも、ノートをきれいにつくっていた人もいれば、ほとんどつくらなかった人もいるため、この点についてはかなり意見が分かれるようです。

つまり、すべての宅建受験者に共通するような理想的な回答はありません。しいて付言するなら、何らかの形でノートないしレジュメといったものをつくることは有用でしょう。

ここで大事なことは、宅建試験当日に持っていけるようなものをつくることが望ましいということです。
大事なことを簡潔にまとめて書きとめたものを作成することは、頭の中を整理することにつながりますし、試験直前の最終確認をする上でもご利益があるでしょう。

ただし、ものすごくきちんとしたノートをつくる必要はありません。たまに見かける失敗例に「ものすごく、こぎれいなノートをつくろうとしていた」「必要な知識すべてをノートにまとめようとしていた」なんてパターンがあります。しかしこんなことに集中する必要はないはずです。もっと大事なことに集中するべきでしょう。

ちなみに、普通のノートブックやルーズリーフ等を買ってきてノートにしてもかまいませんが、テキスト等をノート代わりにしてもいいでしょう(そういうやり方が好みに合わないなら別ですが)。余白が多いテキストであれば、気になったことを書き込んでノート代わりにすることもできるわけです。


宅建通信講座

勉強法・仕事について

通信講座ランキング