宅建 通信講座

通信講座を決める上でのポイント!

ここまで、読んでいただけたら通信講座に関しては、十分理解できたと思います。
それで、このページからは、宅建の通信講座を決める上で需要になるポイントをいくつか紹介していきます。 これから通信講座を選ぶ方は、是非参考にして下さい。

●講義は各科目のDVDとCDの2つのメディアを用意している事。
通常、どちらか一つを用意すれば良いと思ってしまいがちですが、 できるだけDVDとCDを用意してある通信講座をお選び下さい。
理由としては、自宅では音声だけのCDよりもDVD講義で講師と顔を合わせながら 勉強したほうが知識を吸収しやすくなります。
しかし、通信講座を受講すると言う事は、時間を効率的に使う必要があるので、
外出先でも利用できるCD講義も必要です。

●DVD講義はハイビジョン撮影している事。
DVD講義の欠点は生の講義に比べ迫力に欠けるということです。
それ故、撮影方法が単調なら、長時間見ていられなくなり、挙句の果てには眠くなります。
にもかかわらず、巷に多く出回っているものは、デジタルカメラを正面に置いて撮影して講義です。それだと背景がまったく動かない映像なので、見ているのは苦痛になるはずです。
実際に各社ホームページでサンプル映像を載せていますので、自分で確かめるのが良いと思います。
それとは違い、撮影スタジオで何台もカメラを使いハイビジョン撮影している映像は、
臨場感が出て、とても見やすくなっています。
DVD講義を選ぶ際は、ここが一番需要ですので、しっかりと確認してから受講してください。

●良いテキストの基本は、フルカラーと図表による説明。
良いテキストの絶対条件はわかりやすいと言う事です。
その一番の典型は、図表にしていることでしょう。 文字だけで比べ、図表によってわかりやすく説明していれば全体の仕組みがイメージしやすくなり勉強の効率が上がります。
またフルカラーになっている事も忘れてはいけません。
フルカラーになっていれば、需要項目が理解しやすく、記憶にも残りやすくなります。
学校のテキストがフルカラーになっているのはそのためです。

●受講者をしっかりとフォローしてくれるか
受講者の質問や疑問に答えてくれるというのは、今の通信講座では当たり前の話です。
それよりも重要なのは、勉強して行く上で飽きさせない工夫をしてくれるかです。

人間と言うのは飽き易い生き物なので、単調な勉強ばかりでは長続きしません。
例えば、DVDだけの勉強、テキストだけの勉強、CDだけの勉強といった感じです。
常にスタイルを変えながら勉強することが長続きする秘訣です。
ちなみ私が受講していたフォーサイトという通信講座は、テキストやCD・DVDはもちろんのこと、その他にも携帯電話やパソコンでも学習できる仕組みがありました。
そうした細かなことの積み重ねが合格に近づいていくのだと思います。

以上の4点が通信講座を選ぶ上でのポイントです。


宅建通信講座

勉強法・仕事について

通信講座ランキング